一戸建てを建てた体験談のお話

PR| 福生市のマイホームなら地域密着の工務店|

二人目の子どもができた頃から、「 知立市に建てるなら注文住宅がいいかなあ 」 「 耐震住宅の新築一戸建てがほしいなあ」などとずっと考えていました。それまでは、夫、川崎市で評判のエステに通う私、子ども二人の四人家族がアパートで暮らしていたのです。夫は体が大きく、身長は190センチ、体重は100キロ近くあると思います。私も体が小さいほうではなく、狭いアパートに四人いると「息がつまりそう」という感じでした。

本庄市に平屋のマイホーム建てた職場の先輩の例を参考に、家賃額くらいのローン返済にすれば、一戸建てを買えるのではないか、とシュミレーションを繰り返し、柏市で新築のようにリフォームすることも検討しましたが、ついには青梅市で評判の注文住宅の一戸建てを建てることを決めました。マンションでなく一戸建てを選んだのは、二人とも一戸建てにあこがれがあったからです。夫も私も実家が一戸建てなので、マンションは想像しにくかったのかもしれません。

一戸建てを建てるときには、地震に強い家を建てたいという想いがありました。そのため、地震に強いとされている設計をお願いし、丈夫な家を建ててもらったと思います。エコにも関心があったため、ZEHも検討しましたが、最終的には取り入れないことになりました。相模原市でフェンスを取り付けている友人のお店も地震に強い家を押していました。

我が家の自慢は、やはりアパートに比べ、広々としていることだと思います。前のアパートでは、夫も窮屈そうでしたが、今ではのびのびと暮らせると喜んでいます。特に、大の字になって寝転がれる畳の部屋がお気に入りで子どもと川の字になり、お昼寝を楽しんでいます。少し心残りなのは、トイレが狭いことですが、これは仕方がないのかもしれません。

家づくりの際に夫からは趣味の部屋を作りたいという希望がありました。夫はフィギュア集めが趣味なので、それらをまとめて置きたいということでした。そのため、少し小さめの部屋を作り、そこに夫のコレクション類を置いてあります。

家を建ててから、家族が楽しめる行事が前より増えたような気がしています。家でバーベキューをしたり、工作をしたり、子どもたちものびのびとしているようです。外でしかできなかったことを家でもできるようになり、家族の絆も一段と深まったと思います。

PR|生命保険の口コミ.COM|AGAでお悩み解決|マッサージのリアル口コミ.com|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|健康に役立つ口コミ情報|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|ダイエットチャレンジ100日|英会話ノウハウ勉強会|生命保険の選び方|エステサロンを上手に利用する情報サイト|