地震に強い一戸建ての注文住宅

私たち家族が家を買おうとしたのは、住んでいた社宅団地が築40年以上と大変古く、一階でもあったため下からの湿気がものすごくカビを常に気にしなくてはならなかった状況にあったからです。私自身がアレルギー持ちであったのと、ちょうど子どもも生まれたのを機会として、新築の家を建てるための土地を探し始めました。
一戸建てを選んだのは、庭付きの家で子どもを育てたかったのが一番の理由です。あとはガーデニングに興味もありましたし、いつかは犬を飼いたいとも思ったからです。

 

地震に強い家を建てるために考えたのは、まずは地盤改良です。坂道の途中に開かれた住宅区画ですので、元々切土と盛土の両方の性質を持ち、全体的にしっかり地盤を改良したほうが良いとの調査結果が出ました。そこで、追加料金が30万円ほどかかりましたが、地盤改良をお願いしました。

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)については、興味をそそられましたが予算的に難しく、実現しませんでした。
住まいの自慢は、開放感があり普通には無い形のリビングです。隣の和室襖も引き込み戸にしたため、戸を全て開け放つとさらに広々となります。後悔スポットは、開放感のあるリビングのおかげで、家の中心の柱が減ってしまったことです。